沖縄のホテルと航空券のセットプランについて

iokdmages

忙しい生活が続くと、たまにはどこかに出かけて息抜きしたいと思うものです。東京や大阪の都市部では子供と一緒に遊べる施設がたくさんありますが、沖縄の大自然を満喫したいと思う人もたくさんいます。沖縄まで到達出来る航空会社はたくさんありますが、各トラベル会社では、都心から沖縄に行って遊べる旅行プランを準備していて、沖縄までの航空券と宿泊のプランを一緒にして売り出している会社も多くあります。

航空券とホテルがセットになったプランがお得

そのため、沖縄に旅行に行くときには、航空券だけで買うよりもとホテル1泊のツアーで申し込んだほうが安く済みます。航空券とホテルのプランが安くなる秘密は、トラベル会社が航空会社に頼んで価格を安くして、現地のホテルも徹底的に調査して、低価格での利用が出来るように工夫しているからです。トラベル企業としては、航空券とホテル1泊をセットにして販売することによって価格を抑えているので、セット商品としての価格で、この価格で航空券だけを買ったり、ホテルだけをよやくすることはできません。

航空券とホテルのセットプランを利用するのはどういう人か

長く旅行の時間が取れる人は、このプランを利用して沖縄を堪能できます。自分の旅行の計画が3日以上であっても、航空券とホテルのプランで対応できるのは1泊分だけです。そのため、残りのホテルは自分で好きな場所を予約して泊まれます。例えば、行き帰りの航空券と沖縄の空港の近くに1泊するプランを買って、2日目からは沖縄のいろいろな地域を巡って、スキューバダイビングをしたり沖縄の観光地を巡って、最後にまた空港に帰ってきて飛行機に乗って帰る日程であれば、十分に沖縄を満喫できるでしょう。

さらに、沖縄が実家だったり、沖縄に友人の家があるという人でも、ホテルに泊まれるのは1泊だけなので、それ以外は実家か友人の家に泊まることになります。このプランのいいところは、5日前まで予約することが可能なので、急に帰省することを思いついたり、急に友達の家に遊びに行くことになってもすぐに計画を建てることができます。旅行で沖縄に行く人だけではなく、短期の出張で沖縄に行く人は、行き帰りの航空便だけを決めておいて、残りの日程は自分で計画をすることができるので、便利に使うことができます。安い航空券での旅行プランは最大で2週間まで帰りの飛行機を延長できるので、仕事の進み具合で決めることができるでしょう。

沖縄へのLCC航空券について

都心から沖縄に旅行に行くときに利用できる航空会社はたくさんありますが、年々価格が安くなっています。そうした影響もあって、沖縄までの航空会社にはLCCが多くなっています。LCCとはローコストキャリアの略で、格安航空会社のことを意味します。LCCは安さが自慢の航空会社ですが、通常の格安会社と比べるとserviceや値段の点ではどうでしょうか?

少しでも安くするため考え抜かれている航空券

沖縄まで格安で航空券を提供してえる、値段を安くするための工夫がいたる所に見られます。例えば、トラベル会社を通さずにインターネット上で直接販売することによって、手数料がかからないようにして値段を抑えています。LCCでは早めに予約すれば価格は安くなりますが、キャンペーン価格やバーゲンセールもあり、旅行客があまりいないオフシーズンになると極端にチケットの値段が下がるので、普段からウェブサイトを確認して、この辺で手を打とうと思うときに購入すると良いでしょう。さらに、状況によって誰かがキャンセルしたチケットが格安でかうこともできる。

LCCの航空券は自分でインターネットを使って買えることになります。機内食をどうするか、持っていく荷物はどれくらいあるのかなどの質問に自分で答えてチケットを買うので、インターネットの使い方に慣れていないと不安に思うこともあります。LCCでは航空券の値段を抑えるために、コストが削減されていて機内食、飲料、毛布や枕を使うこと、映画やmusicを鑑賞することも無料サービスではなくお金がかかります。さらに、座席を指定すると手数料がかかったり、幾つも荷物を預けると余計な費用がかかるので、予約する段階でしっかりと確認する必要があります。

消費者の需要に合った航空券

LCCの航空券は片道でも買うことができるので、路線をつないで、自分で計画した路線で旅行することができます。しかし、正規の航空券は往復で設定されていることが多いため、自分の予定と合わなくても往復の日程に合わせなければなりません。LCCの航空券は値段がやすいので注意も必要で、とりけしや変更をする時の手数料は高く設定されています。会社によっては払い戻しできないものもあるので注意が必要です。航空券を予約するときには、名前や搭乗日などの入力に相違がないかをよくかくにん。さらに、いざとなったら自分の旅行の予定を調整出来るように、航空券の予約は前もって行うようにしましょう。

沖縄への格安航空券と荷物について

沖縄に旅行に行くときには、なるべく安く済ませたいものなので、格安の航空会社を利用しようと思う人は多くいます。国内の様々な航空会社が沖縄まで飛行機が乗り入れています。しかし、格安で航空券を購入した時には持って行く荷物について幾つか覚えておく注意点があります。さらに、それぞれの航空会社によって荷物の基準が異なることもあるので、前もって調べておく必要があるでしょう。

格安航空券で持ち込める荷物について

2009年12月1日から国内線の手荷物について基準が変更されて、機内に持ち込める手荷物が統一されて、大きさが幅55cmで高さは40cm、奥行が25cm以内の荷物だけになりました。しかも、合計重量は共通で10kgまでなので、簡単なものしか持ち込むことができません。出張で沖縄に行く人はキャリーバッグを持っていくことも多いので荷物制限のことを頭にいれて荷物を準備する必要があります。

なお、預ける荷物の基準はそれぞれの航空会社によって違います。国内で有名なJALでは、旅行者一人に付き3個まで荷物を預けることができ、大きさは、50cm、60cm、120cm以内のスーツケースになるので、それなりに大きな物まで持ち込むことができます。なお、JALでは大きさを超えてもサーフボードを預けることができるので、沖縄の海でサーフィンを楽しみたい人でも安心して自分用のサーフボードを持っていくことができます。

もう一つ国内で有名なANAは個数の制限がなく、重さと大きさの上限を超えなければいくらでも預けることができます。大きさも3辺の合計が203cm以内なので、大きめのスーツケースでも預けることができます。ただし、スーツケースの総重量が100kgを超えるときには追加料金がかかります。スーツケース1個あたりの重量は32kgまでですが、よっぽど重いものを入れなければ30kgを超えることもないので、1週間程度の軽い旅行であれば大きな問題はないでしょう。

台風の影響で飛行機が飛ばない時の対処法

機内に持ち込む荷物と預ける荷物の違い

預ける荷物は飛行機の中に無造作に投げ込まれるので、丈夫なスーツケースで保護されているものが望ましいです。もし、壊れやすい物を旅行や出張で沖縄まで持って行く時には、預けるのではなく機内に持ち込むようにしましょう。例えば、現金や宝石類、貴金属、美術骨董品などの高価品は手持ちのバックに入れて、自分で保管しておくのがベストです。また、仕事上の書類や、パスポート、カード類やパソコンまた周辺機器類、携帯電話、カメラなども壊れやすい品なので、十分に注意して運ぶ必要があります。

旅行の楽しみ方は人それぞれで、旅先でいろいろな物を食べたり、有名な名所を回って写真を撮って楽しむこともできますが、旅行に行く前に家で計画を建てるのが好きだという人もいます。しかし、旅行にはトラブルも付き物で、海外旅行に行こうと思ってもテロが起きて飛行機が飛ばなくなったり、旅行そのものが延期、キャンセルされる事もあります。沖縄旅行はどうかというと、季節外れの台風が発生して、沖縄が暴風域に入ることもあります。航空会社は乗客の安全を第一にしているので、飛行機はキャンセルになります。では、天候の影響で飛行機がキャンセルになった時にはどのように対応したらいいのか

自分で航空券を予約している人は航空券の払い戻しを申請する

予期せぬ台風が訪れて飛行機が飛ばない時には、まず航空会社に問い合わせる必要があります。航空会社の指示に従いますが、いつも同じ結果になるとは限らず、航空会社ではその都度、対処の仕方が変わります。航空会社の対処の仕方は幾つかの方法に分かれています。

まず、台風など予期せぬ事態でキャンセルになった時には、こちらの都合でキャンセルしたわけではないので、運賃を払い戻してくれるように申請できます。払い戻しを受けるときには、航空会社の空港カウンターにいって事情を説明したり、航空券を買った旅行会社に連絡して払い戻してもらう必要があります。もし、インターネットを使って直接予約したときには、自分でウェブサイトに申し込んで払い戻しの申請をします。当然のことながらこちらから申請しない限り、チケット代は戻ってきません。

その他の対処方法について

航空券を払い戻してもらわなくても、出発日や時間を変更する方法もあります。もし、翌日の飛行機に空きの座席があれば、翌日の便に変更してもらうことができます。ただし、最初からその便を予約している客が優先されるので、空きの座席がなければ搭乗順は後回しになり、キャンセル待ちすることになります。

台風で飛行機が飛ばないときには考えにくい対処法ですが、都心から沖縄へ運行している航空会社がほかにあれば、別の会社に変更してもらうこともできます。一般にこの方法は、飛行機が故障して飛ばなかった時や午前中は暴風でも午後から天気が回復するときなどに、午後の便がある航空会社に混ぜてもらえます。ただし、LCCなど予約変更不可能な運賃の航空券は変更できないので注意しなければなりません。

都心から沖縄の離島に行くには

沖縄には美味しい食べ物や独特の建造物があって、本土に住んでいては味わえない、半分外国旅行に行くような感覚で楽しむことができます。しかし、沖縄といえば何といっても大自然が魅力的で、真っ青な海で泳いだり、多種多様な色をした魚と一緒に泳ぐことができます。しかし、大自然を満喫出来るビーチは沖縄の中心部ではなく離れた島にあるので、本土から飛行機に乗って沖縄旅行を楽しむときには、飛行機を乗り継ぐ必要があります。飛行機を乗り継ぐといってもLCCを使えば格安で旅することができます。

都心から石垣島への航空券について

LCCを実施して激安航空券を提供しているのは、ジェットスターとバニラ・エアという航空会社なので、これらの会社を利用して成田空港から那覇空港までの飛行機に乗ります。那覇空港に着いてから、他社の航空便に乗り継いで石垣島に入ることになります。乗り継ぎをするので、少し面倒ではありますが、LCCということで値段を抑えて石垣島に行くことができるので、浮いたお金で宿泊する日にちをのばしたりして有意義な時間をすごせるでしょう。LCCは片道でも購入することができるので、行きはLCCで安く済ませて、帰りはゆったりと豪華な航空会社を使って帰ってくることもできます。

また、乗り換えるのが不便だと思う人ならば、羽田空港からANAやJALなどの航空会社が直行便を出しているので、お金に余裕のある人は考えてみましょう。それぞれの航空会社では、沖縄までの航空家の割引セールをすることもあり、新しい路線が発表された時や、秋から冬にかけての時期や、梅雨の時期などは利用する客が少ないので、航空券が安くなる傾向があります。

那覇空港から石垣島までの飛行機は頻繁に飛ぶ

沖縄の魅力は今でも大自然が残っていることですが、自然が残っていることは人の出入りが少ない理由があり、離島が多く交通状況も不便です。そのため、地元の人にとっては那覇空港は無くてはならない存在で、離島から那覇空港までの飛行機は頻繁に飛んでいます。那覇空港から石垣まで飛行機で行くときには、日本トランスオーシャン航空やANA、Ryukyu Air Commuterなどの航空会社があるので、自分の予定と料金を比較して選ぶことができます。これらの飛行機は朝7時から1時間に1便の間隔で飛んでいて、1週間あたり100以上の便が往来しているため便利に利用できます。なお、那覇から石垣島までの飛行時間は平均で55分なので、あっという間です。