都心から沖縄の離島に行くには

沖縄には美味しい食べ物や独特の建造物があって、本土に住んでいては味わえない、半分外国旅行に行くような感覚で楽しむことができます。しかし、沖縄といえば何といっても大自然が魅力的で、真っ青な海で泳いだり、多種多様な色をした魚と一緒に泳ぐことができます。しかし、大自然を満喫出来るビーチは沖縄の中心部ではなく離れた島にあるので、本土から飛行機に乗って沖縄旅行を楽しむときには、飛行機を乗り継ぐ必要があります。飛行機を乗り継ぐといってもLCCを使えば格安で旅することができます。

都心から石垣島への航空券について

LCCを実施して激安航空券を提供しているのは、ジェットスターとバニラ・エアという航空会社なので、これらの会社を利用して成田空港から那覇空港までの飛行機に乗ります。那覇空港に着いてから、他社の航空便に乗り継いで石垣島に入ることになります。乗り継ぎをするので、少し面倒ではありますが、LCCということで値段を抑えて石垣島に行くことができるので、浮いたお金で宿泊する日にちをのばしたりして有意義な時間をすごせるでしょう。LCCは片道でも購入することができるので、行きはLCCで安く済ませて、帰りはゆったりと豪華な航空会社を使って帰ってくることもできます。

また、乗り換えるのが不便だと思う人ならば、羽田空港からANAやJALなどの航空会社が直行便を出しているので、お金に余裕のある人は考えてみましょう。それぞれの航空会社では、沖縄までの航空家の割引セールをすることもあり、新しい路線が発表された時や、秋から冬にかけての時期や、梅雨の時期などは利用する客が少ないので、航空券が安くなる傾向があります。

那覇空港から石垣島までの飛行機は頻繁に飛ぶ

沖縄の魅力は今でも大自然が残っていることですが、自然が残っていることは人の出入りが少ない理由があり、離島が多く交通状況も不便です。そのため、地元の人にとっては那覇空港は無くてはならない存在で、離島から那覇空港までの飛行機は頻繁に飛んでいます。那覇空港から石垣まで飛行機で行くときには、日本トランスオーシャン航空やANA、Ryukyu Air Commuterなどの航空会社があるので、自分の予定と料金を比較して選ぶことができます。これらの飛行機は朝7時から1時間に1便の間隔で飛んでいて、1週間あたり100以上の便が往来しているため便利に利用できます。なお、那覇から石垣島までの飛行時間は平均で55分なので、あっという間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です